仙台市で切手買取ができるおススメの買取店5選!

1.仙台市で切手を高く売るために

仙台市で切手の売却を考えている人が気になるのは、「どうお店を選んだらいいのか」「切手を高く売るためのポイントは何か」といったことではないでしょうか。仙台市は宮城県の中部に位置しています。県庁所在地かつ東北で唯一の政令都市である仙台市の中で、特にお店が集中しているのは青葉区エリアです。中央通りや一番町通りといったメインストリートがあり、市内一番の繁華街でもあります。また、太白区や泉区も、リサイクルショップや切手買取店が多いエリアです。切手をより高く売るためには、複数のお店で切手の査定額を比較することが重要なポイントです。ここからは、切手を高く売るためのコツやポイントを、おすすめの買取店のご紹介を交えてご説明します。

このページの目次

1.仙台市で切手を買取できる店舗一覧

仙台市の切手買取は大手チェーンの買取店から、仙台市に地域密着型で営業している買取店まで、幅広く択肢があります。宮城県の中心部で切手の買取店をお探しの方には、「鶴亀屋仙台本店」や「金銀堂」「大吉 仙台黒松店」がおすすめです。これらの切手買取店は青葉区に実店舗があるため、交通アクセスが良く利用しやすいお店が揃っています。また、若林区に店舗を構える「大蔵屋 宮城 仙台店」や、青葉区や太白区、宮城野区など県内に多数店舗を持つ「おたからや」は、高価買取実績の豊富さが魅力です。ここからは、仙台市で切手買取を行っているお店をまとめてご紹介します。

2-1.鶴亀屋仙台本店


	鶴亀屋仙台本店


買取店名
鶴亀屋仙台本店
WEBサイト
http://www.tsurukameya.shop/kitte.html
鶴亀屋仙台本店の買取実績

昭和初期バラ切手
買取ジャンル: 記念切手
記念切手はシートや初日カバー品などが高値で取引される傾向ですが、バラ切手でも希少価値の高いものや骨董的価値のあるものは、高価買取となる可能性があります。バラ切手の場合、額面の大きさや保存状態の良さ、発行枚数や年代などにより買取価格は変動するでしょう。バラ切手1枚だからと捨ててしまわず、ぜひ複数種類をまとめて査定に出してみてください。高価買取の可能性が高まるケースもあります。


日光国立公園
買取ジャンル: 特殊切手
第1次国立公園シリーズの「日光」、小型シートです。バラ切手だと150円から3,000円前後が相場ですが、シート品は極上品では1万円前後で取引されるケースもあります。こちらはシートが揃った状態で、目立った汚れなどもない美品です。全体的にやや折れやへこみが見られますが、希少価値の高い1品だと考えられ、高価買取になったケースです。


オリンピック記念切手
買取ジャンル: 特殊切手
長野オリンピック記念切手のシートです。80円切手と50円切手がセットになっています。80円切手には長野オリンピックの競技種目5種が、50円切手には五輪カラーにちなんだ5種類の花がデザインされ、10種連刷で5,000万部が発行されました。バラ切手でも取引されますが、シート状態の方が高値が付く傾向にあります。こちらの品は状態の良いシート品ということで高価買取が実現しました。


SATEeee切手買取事務局から一言!鶴亀屋仙台本店のここがおススメ!
鶴亀屋仙台本店は、無料出張買取専門店です。専門に特化することで、経費削減し高価買取を徹底追及したお店となっています。無料出張買取では、手数料やキャンセル料などは一切かかりません。査定額に納得がいけば即金での買取、納得がいかない場合は買取キャンセルをしても費用がかからないので、初めての方でも安心して利用できるお店です。来店不要で審査の質入れによる融資も利用可能なので、切手をすぐに現金化したい人にも魅力のお店だといえます。

2-2.大蔵屋 宮城仙台店


	大蔵屋 宮城仙台店


買取店名
大蔵屋 宮城仙台店
WEBサイト
http://okuraya-kaitori.com/stamp/
大蔵屋 宮城仙台店の買取実績

機織図 50×10枚
買取ジャンル: 記念切手
買取金額: 460円
1977年発行の、切手趣味週間シリーズの1つです。江戸・寛永年間の頃、岩佐派作と思われる絵画がモチーフになっています。糸を紡ぐ女性を描いた屏風がもとになっており、金色をベースに秋の草花をちりばめた趣ある図柄が特徴です。額面は50円で、2連刷2500万組が発行されました。取引相場は額面と同等で、さほど希少価値は高くありません。状態の良い未使用品や、他の記念切手や特殊切手と併せて査定に出すことで高価買取が期待できます。


中国切手 パンダ
買取ジャンル: プレミア切手
買取金額: 16,000円
中国切手の中でも特に人気が高く、高値で取引されるのがこちらのパンダ切手です。正式名称は「オオパンダ」で、文化革命時代の切手の中でも、入手が難しく希少価値の高い切手として知られています。1963年に2回に渡り発行されました。1963年に発行された第1次、1973年に発行された第2次を比べると、どちらかといえば第2次の方が残存数が少なく価値が高いとされています。


彦根屏風 50×10枚
買取ジャンル: 記念切手
買取金額: 440円
切手趣味週間の1種類として、1976年に発行されました。額面50円の切手の10枚セットとして発売され、特徴的なデザインが話題となった切手です。2枚1セットの図柄なので、セットが揃っていると高額での買取が期待できるでしょう。バラ切手になってしまうと大幅に価値が下がります。こちらの品はシートが揃った状態で、目立った汚れや傷などもないため高価買取が実現したようです。


SATEeee切手買取事務局から一言!大蔵屋 宮城仙台店のここがおススメ!
「大蔵屋 宮城仙台店」は、仙台市若林区卸町にある切手買取店です。地下鉄東西線の「六丁の目駅」から徒歩12分、お車の場合は国道4号の苦竹ICからのご利用が便利がエリアとなります。月曜から土曜の10時~19時まで営業しているので、お仕事帰りにも寄りやすいお店です。店頭・出張・宅配の3種類の買取に対応しているほか、LINEを使ったスピード査定では買取額が10%アップします。「大蔵屋 宮城仙台店」は、忙しい人にもおすすめの切手買取店です。

2-3.金銀堂


	金銀堂


買取店名
金銀堂
WEBサイト
http://sendai.kingindou.com/category/stamp.html
金銀堂の買取実績

中国プレミアム切手 赤猿
買取ジャンル: プレミア切手
中国切手の中で特に有名なプレミア切手である赤猿は、高価買取になる可能性が高い切手の一つです。人気の高い「オオパンダ」と同様に、可愛らしい動物モチーフの切手として、多くの切手収集家に愛されています。赤猿は偽物も多く出回っており、本物であれば額面以上の高額買取が期待できるでしょう。状態の良い美品、シート品などは数万円から数十万円、それ以上で取り引きされるものもあります。


SATEeee切手買取事務局から一言!金銀堂のここがおススメ!
金銀堂は仙台市青葉区一番町にあり、仙台市営地下鉄の勾当台公園駅から徒歩5分というアクセスの良さが魅力の切手買取店です。日曜・祝日も営業しているので、平日は仕事や学校などで忙しい人にも利用しやすいお店だといえます。金銀堂では、国内外の切手をシートかバラかを問わずに買取可能です。古い切手や使いかけの切手も、ぜひ一度買取の相談に出してみてはいかがでしょうか。他店では買取不可といわれてしまう切手も、金銀堂なら高価買取してもらえる可能性があります。

2-4.大吉 仙台黒松店


	大吉 仙台黒松店


買取店名
大吉 仙台黒松店
WEBサイト
http://www.kaitori-daikichi.jp/kuromatsu/
大吉 仙台黒松店の買取実績

「毛沢東」関連の切手
買取ジャンル: 中国切手
中華人民共和国の初代主席である毛沢東は、建国の父として、中国の英傑に数えられています。こちらの品は、「毛主席の長寿を祝う 語録」をはじめ、毛主席に関連する切手をまとめて査定・買取に出されたケースです。中国切手は現存数の少ないものが多く、使用済み品でも高値で取引されるものが少なくありません。こちらの切手のように、目立った汚れなどない状態の良い品は高値での買取になる可能性が高いでしょう。


中国切手 蝶シリーズ 20種類完品 未使用品
買取ジャンル: 中国切手
1963年ごろの中国切手で、さまざまな蝶のイラストが描かれた20種完品の品です。バラ切手でも比較的高値で取引されることが多いようですが、20種揃っているとより高値での買取が期待できます。美しい蝶のイラストはコレクターからも人気が高く、切手収集家だけでなく昆虫マニアなどからもニーズが見込める逸品です。


普通切手シート
買取ジャンル: 普通切手
使うつもりで買いだめしておいた普通切手や、大量買いした切手シートなどは、まとめて査定に出すことで高価買取につなげることができます。バラ切手1枚やシート1枚ずつで査定に出すよりは、全てまとめて買取してもらうのがおすすめです。一見価値の低そうな普通切手やシート品でも、複数種類まとめることで思わぬ高額になることがあります。


SATEeee切手買取事務局から一言!大吉 仙台黒松店のここがおススメ!
「大吉 仙台黒松店」は、東北地域でも特ににぎやかなことで知られる仙台市青葉区の双葉ヶ丘エリアにあります。仙台市の中でも交通アクセスが良く、お店も集中している地域です。仙台市はもちろん、市外からもアクセスしやすく、郵送や出張での買取にも対応しています。大吉は全国展開する大手チェーンであり、豊富な買取実績と充実のサービスが魅力のお店です。仙台市内には他2店舗もあるので、切手買取の際はぜひチェックしてみてください。

2-5.おたからや長町店


	おたからや長町店


買取店名
おたからや長町店
WEBサイト
http://nagamachi.otakaraya.net/info/index.html
店舗情報

営業時間:10:00〜18:00
住所:宮城県仙台市太白区長町3丁目1−5

買取方法
店頭買取
おたからや長町店の買取実績

プレミア切手がまざっていた古いバラ切手
買取ジャンル: プレミア切手
買取金額: 450,000円
古家や蔵、押し入れなどに、古い切手やバラ切手が大量に眠っているケースは珍しくありません。引っ越しや実家の整理、遺品整理時などに見つかった切手の中には、プレミア切手や希少価値の高い切手が混ざっていることもあります。1枚ずつチェックするのは面倒ですが、切手買取店では全部まとめて査定してもらえます。思わぬ高額での買取になる可能性もあるので、バラ切手は捨ててしまわず、ぜひ査定に出してみてはいかがでしょうか。


バラ切手とブックと中国切手の一括買取
買取ジャンル: 中国切手
買取金額: 452,000円
種類も発行元もさまざまな切手が大量にあるとき、「買取してもらえないんじゃないか」と不安になる方は多いようです。しかし、多くの切手買取店では国内外の切手問わず、まとめて査定・買取が可能となっています。バラ切手やブック、外国切手など種類が入り交じっていてもそのまま査定依頼できます。全部まとめると思わぬ高額になる可能性があるので、捨てずにお店に持ち込むのがおすすめです。


中国切手の赤猿
買取ジャンル: プレミア切手
買取金額: 1,300,000円
高値で取引される切手の代表格と言えば、中国切手の赤猿です。正式名称は「子猿」で、中国の年賀用干支切手の1種類として発行されました。細部まで丁寧に描かれた子猿と、金粉をちりばめた豪奢なデザインにより、中国国内はもとより海外でも人気の高い切手です。こちらの品のようにまとまった数の赤猿は大変貴重で、100万円を超える高価買取が実現しました。


SATEeee切手買取事務局から一言!おたからや長町店のここがおススメ!
おたからや長町店は、仙台市太白区にあります。地下鉄の長町一丁目駅から徒歩4分、JR東北本線の長町駅から徒歩4分というアクセスの良さが魅力で、バスをご利用の方は長町三丁目の停留所で降車後、すぐ目の前にお店があります。店内は明るく清潔な雰囲気なので、高齢の方や女性一人でも入店しやすいお店です。全国チェーンならではの買取ノウハウ、豊富な買取実績で、切手の買取は初めてという方にもおすすめできるお店となっています。

[area_text]

仙台市の切手買取まとめ

仙台市で切手を少しでも高く売るためには、お手持ちの切手の種類や量に合わせたお店選を選ぶことが重要です。例えば、お店ごとに買取強化している切手ジャンルは異なりますし、買取方法によって異なるキャンペーンを実施するお店もあります。「大蔵屋 宮城仙台店」では、LINE査定を利用すると買取額がアップするキャンペーンを実施中です。また「鶴亀屋仙台本店」は出張買取の専門店で、大量の切手を出張買取してほしい人にぴったりのお店だといえます。こうした各店の特徴をリサーチする時間がない方には、「SATEeee(サテイー)切手買取」の一括査定サービスがおすすめです。仙台市内の優良な切手買取店だけが登録されていて、オンラインで簡単に一括査定の依頼ができます。「SATEeee(サテイー)切手買取」のサービスを活用して、お手持ちの大切な切手をより高値での売却につなげてみてはいかがでしょうか。